ビリヤード初心者がフォームを覚える3つのポイント

こんにちわ

Mです

今日はビリヤードをこれから始める初心者の人へ

ビリヤードの基本になるフォームを3つのポイントで説明します

まずはフォームを覚えましょう

ビリヤード場では、玉や、玉をつくキューは無料で貸し出ししていますので、

気軽に手ぶらで行って大丈夫です

ビリヤードというのは、手玉がまっすぐにつけないと面白くないゲームです

なので、正しいフォームを身につけましょう

フォームの基本

フォームの3つのポイント

  • ブリッジ
  • グリップ
  • スタンス

です

では、説明をしていきます

ブリッジは、キューの土台となる左手

キューを握るグリップ

足の置き位置、スタンス

まずはブリッジから

ブリッジはキューの土台となるので、まっすぐつけるかつけないかは、

ブリッジ次第となります

ここで説明するのは、基本となるスタンダードブリッジです

ブリッジ

人差し指と親指を使って円にします

次に、中指の第二関節を親指につけます

そのあと、穴にキューを通していきます

これをこのまま、台に置いていきます

グリップ

グリップはキューのここからここまでの間を握ります

基本的にはこの中心ぐらいを握ってください

握るときは、内向きにもせず、外向きにもせず、真ん中で持ちましょう

スタンス

スタンスは、足の置き位置になります

肩幅くらいに足を開きます

キューに対して45度くらいに位置を置きましょう

あとは、おじぎをするだけです

この3つを合わせれば、フォームの出来上がりです

コツとしては、キューを持つ右手のひじは、90度にすること、

脇を締めることです

ひじより上は動かさずに、ひじより下のみ動かしましょう

キューの上20センチくらいに顎が来るようにしましょう

これを身に着ければ、正しいショットが生み出せます

以上、ビリヤード初心者がフォームを覚える3つのポイントを説明しました

シェアする

フォローする